本土の中学を卒業後、沖縄にやって来た少女の目を通して、沖縄のいまと歴史を伝えるドキュメンタリー映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」ができた。監督は「描いたのは1人の少女の小さな声。でもそれを通じて沖縄の現実を知ってほしい」と話す。東京や大阪などで近く公開される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます