安倍晋三首相は28日夕、首相官邸で記者会見した。森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん問題について問われ、近畿財務局職員の自殺に「そうした事態になったことについて行政府の長として責任を痛感しており、申し訳なく思っている」と述べた。「厳しいご指摘があることは真摯(しんし)に受けとめ、二度とないように全力をつくしていきたい」と語ったが、職員の遺族らが求めている第三者委員会の設置などの再調査の必要性については言及を避けた。

無断転載・複製を禁じます