2020年度予算が27日に成立し、通常国会の論戦は後半戦を迎える。桜を見る会や東京高検検事長の定年延長、森友学園をめぐる公文書改ざんといった疑惑は晴れず、国会を軽視する政権の体質もあらわになった。新型コロナウイルス感染症対策でも、国会が事後検証するための「記録」作成に消極的な姿勢が目立つ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます