横浜市立大の佐藤彰洋教授(データサイエンス)が、新型コロナウイルスについて大阪府の状況を分析し、感染拡大を抑えるためには他人と直接接触する行動を「20分の1以下」にする必要があるとした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます