新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、カンボジアのフン・セン首相が1日、3月から7カ月分の給与全額を国の対策委員会に寄付する意向を明らかにした。総額は約190万円。その後、閣僚らも相次いで寄付を表明し始めた。政府側は「美談」としてアピールしているが、一部メディアは冷めた見方を示している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます