新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛の影響で、JR東日本の新幹線や特急の主要路線の乗客数が3月、前年同期に比べ54%減った。深沢祐二社長が7日の定例記者会見で明らかにした。2、3月だけで約730億円の減収(定期券分を除く)の見込みという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます