新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を受けた店舗や施設への休業要請をめぐって政府と東京都が対立している問題で、新型コロナ対応の特別措置法の解釈で、双方が歩み寄りを最終調整していることが分かった。宣言前の都道府県対策本部長(知事)の権限を定めた規定の解釈を広げ、都知事が週内にも要請を出せるようにする方向だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます