河井案里参院議員の秘書らが公職選挙法違反(買収)罪で起訴された、昨年7月の参院選の選挙運動にからみ、広島地検は9日、複数の広島県議の事務所などを同法違反容疑で家宅捜索した。地検はこの参院選をめぐり、県議や広島市議らを任意聴取。案里氏の夫の克行衆院議員から現金を渡されたと証言する議員や首長もおり、捜索は票のとりまとめの依頼目的だったかどうかについて解明するためとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます