医療スタッフの新型コロナウイルス感染で、国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)や慶応大病院(新宿区)が新規の患者の受け入れを停止するなか、がん患者の間に不安が広がっている。今どんな心構えが必要なのか。がん患者を長年診てきた日本医科大武蔵小杉病院(川崎市中原区)の勝俣範之教授(腫瘍〈しゅよう〉内科)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます