新型コロナウイルスの感染が広がるなか、タイの首都バンコクで、顔をすっぽりと覆う「フェースシールド」を着用して托鉢(たくはつ)を行う僧侶たちがいる。最初は信者に驚かれたが、「今では歓迎されている」という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます