新型コロナウイルスの水際対策を強化した千葉県の成田空港で、PCR検査の結果待ちの間、国が用意したホテルの部屋が足りず、泊まれなかった帰国者向けに段ボールベッドが用意された。8~9日には、第2旅客ターミナルビルの一時閉鎖中の手荷物引き渡し場に2メートルほどの間隔で並べられ、約140人が寝たという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます