世界最悪レベルの大気汚染で知られるインドの都市部で、新型コロナウイルス対策として実施されている罰則付きの厳しい外出制限の影響を受け、大気の状態が改善しているようだ。現地メディアによると、工場の閉鎖や公共交通機関の停止、建設工事のストップなどにより、これまでかすんで見えなかったヒマラヤ山脈が離れた場所から眺望できるようになった。珍しい風景が話題になっている。

無断転載・複製を禁じます