和牛の精液や受精卵といった遺伝資源を知的財産と位置づけ、流通規制を強化する家畜遺伝資源不正競争防止法と改正家畜改良増殖法が17日の参院本会議で可決、成立した。懸念される海外流出の抑止策として、不正競争防止法には罰則を盛り込んだ。今秋にも施行される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます