メダカの稚魚を飢餓状態にすると、オスに特有の「Y染色体」がないにもかかわらず2割ほどが精巣を持つようになったと、名古屋大や山形大などのチームが発表した。脂質の減少の影響で、オスの体になったと考えられるという。魚には性転換する種が多いといい、養殖などへの応用が期待できるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます