新型コロナウイルスの猛威が世界を覆う中、県内では20日、家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」が発生してちょうど10年を迎えた。河野俊嗣知事は「口蹄疫(こうていえき)を乗り越えてきた本県だからこそ、再度、県民一体となって同じ気持ちで対処すれば、必ずやこの困難な状況を乗り越えることができる」との談話を発表。「目に見えない敵」とたたかった経験をコロナ対策でも生かすことができるか――。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます