神奈川県立武道館(横浜市港北区)に、紙の管とカーテンの間仕切りが設けられている。新型コロナウイルス対策で同県が休業を要請した、ネットカフェを拠点としていた人たちを受け入れていて、間仕切りは飛沫(ひまつ)感染予防に活用されている。この間仕切り、元々は地震や台風の際の避難所でプライバシーを守るためのものだった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます