無症状でも感染が広がる新型コロナウイルスは、私たちを疑心暗鬼に陥らせている。ふくらむ相互不信にあらがうために、我々は何ができるのか。厄災後の同調圧力を寓話(ぐうわ)として描いた小説『ボラード病』などで知られる作家の吉村萬壱さんに寄稿してもらった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます