世界の原油市場で動揺が続いている。米国産WTI原油の先物価格が、史上初のマイナスをつけた。新型コロナウイルス対策で需要が急減し、在庫がだぶついていることが背景にある。株式市場はこのところ回復傾向にあったが、「実需」を映す原油価格の動揺は、実体経済の減速の深刻さを物語る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます