白い防護服の集団に囲まれ、検査で大泣きするわが子。結果は「陰性」。でも、手放しでは喜べない――。保育士11人と園児2人が新型コロナウイルスに感染した香川県の高松市立鬼無(きなし)保育所に2人の子どもを通わせる30代の母親が心境を語った。突然の休園や検査の体験に「普段の生活のありがたみを感じた」と話す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます