米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とされる名護市辺野古で軟弱地盤が見つかった問題で、安倍政権は21日、地盤対策に伴う設計変更を沖縄県に申請した。政権は6月の県議選をにらみながら、不都合なデータに向き合わないまま押し切る構えを見せる。(藤原慎一、国吉美香、相原亮)▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます