がん闘病中の4月10日、82歳でこの世を去った映画作家・大林宣彦さん。1980年代、青春と純愛を描いて世に出た日本映画の異才の巨匠は、なぜ命を削って「戦争とヒロシマ」を最後に撮ったのか。尾道三部作にも込められた秘密が、そこに隠されていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます