新型コロナウイルスの感染拡大が、救命救急センターの業務に影響を及ぼしている。新型コロナの重症者に対応するため行政が病院ごとの役割を割り振る動きも出始めた。ただ、本来対応してきた重篤な患者を救う「命の砦(とりで)」という役割を果たせなくなれば、助かる命が助からない事態にもつながる。医療現場には危機感が広がる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます