新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクをめぐる日本の状況は一変した。大手小売店で続く品薄、国内メーカーの増産、中国の大量生産と原料不足……。販売の現場で、いま何が起きているのか。最前線に立つ、輸入卸業を営む40代の中国人男性は「この1カ月で500万枚を売りさばいた」と語り、業界の事情を明かした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます