この作品の存在が確実に届いてほしいと願うのは今この瞬間、親のことがウザくて、キモくて、目ざわりで、心の中でもう何度も罵(ののし)っている君と、子どもから冷ややかな目を向けられている自覚がある親である。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます