風光る春から、風薫る初夏へ。5月の風はさわやかに肌をなでる。しかし毎年5月3日には、風はわが胸の内へ、この自由律の俳句とともに吹いてくる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます