世界で中央銀行が金融緩和を進めるなか、注目の判決がドイツであった。ドイツ連邦憲法裁判所が5日、欧州中央銀行(ECB)が2015年に導入した量的緩和策の一部について、違法性を認める判決を出したのだ。ECBが3カ月以内に緩和策の正当性を証明しなければ、ECBの指示で独連邦銀行がやってきた国債購入ができなくなるかもしれない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます