スイス・ジュネーブにある中国政府の国際機関代表部常駐代表、陳旭大使は6日に記者会見し、新型コロナウイルスの起源とヒトに感染した経緯をめぐる現地調査について「正しい雰囲気が必要だ」と述べ、受け入れに慎重な姿勢を示した。この問題では、米トランプ政権が、中国・武漢にある政府系のウイルス研究所から広がったと指摘し、中国が反発している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます