新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、埼玉県所沢市に工場がある段ボール製造会社「出羽紙器製作所」(本社・東京都板橋区)が役所や企業の窓口で使える飛沫(ひまつ)防止用の段ボール製間仕切りを作った。すでに約2万セットが売れたというが、小林正臣社長(44)は「もうけはほとんどありません。社会の役に立てば」と話している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます