春夏の甲子園で計3度の優勝を誇る高校野球の強豪・智弁和歌山。選手時代には主将として甲子園の土を踏み、指導者としても母校を支えてきた古宮克人さん(31)がこの春、退職した。独立して挑むのは教育事業、講演、そして歌手――。「新たな挑戦」に踏み切る決断の裏に何があったのか、尋ねてみた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます