緊急事態宣言が5月末まで延長となり、国内では新型コロナウイルスへの警戒が続く。感染者の少ない宮崎では社会・経済活動が再開されつつあるが、国からは「新しい生活様式」を求められている。感染症に詳しい串間市民病院の江藤敏治院長(57)=予防医学=に、暮らしの中の素朴な疑問を聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます