新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言の延長を受けて、日本将棋連盟は8日、長距離の移動を伴う棋士の対局を今月31日まで行わないことを決めた。愛知県在住の高校生棋士、藤井聡太七段(17)の対局も遅れることになり、史上最年少でのタイトル挑戦は難しくなった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます