新型コロナウイルスが世界で猛威をふるう。130年前に来日した松江ゆかりの作家、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850~1904)はジャーナリストとして世界を巡る中で、数度感染症の流行に遭遇した。小泉八雲記念館(松江市奥谷町)の小泉凡館長(58)は「ハーンの感染症の蔓延(まんえん)を描く視点は、新型コロナウイルスの感染が広がる現代にも示唆を与える」と語る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます