豊臣秀吉が死去する前年、天皇の御所のすぐそばに築いた最後の城が、約400年ぶりに姿を現した。史料が少なく、発掘調査でも未確認だったため、実態不明な「幻の城」とされてきた。最晩年の秀吉は、この城に何を託そうとしたのだろうか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます