日本の首都は、高齢者の大波にのみ込まれる。東京都では25年後に高齢化率が30%に上ると推計されており、医療と介護の担い手が大きく不足する恐れが現実味を増している。そんな状況を先取りしたかのように独居高齢者が集まる都内の地域では、新型コロナウイルスの感染拡大のリスクが迫るなか、医療・介護従事者たちの奮闘が続いている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます