原発の使用済み核燃料からプルトニウムなどを取り出す日本原燃六ケ所再処理工場(青森県)について、原子力規制委員会は13日、安全対策の基本方針が新規制基準に適合すると認める審査書案を了承した。燃料を再利用する「核燃料サイクル政策」の中核施設が本格稼働に近づくことになるが、残る詳細設計の審査や工事に時間がかかり、工場の必要性も薄れているため、先行きは不透明だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます