中国共産党中央規律検査委員会と国家監察委員会は、国有造船大手「中国船舶重工集団(中船重工)」の胡問鳴・元理事長(63)を重大な規律違反で調査していると、12日発表した。容疑の詳細は不明だが、胡元理事長は中国初の国産空母「山東」の建造プロジェクト責任者だった人物で、調査の行方に関心が集まっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます