それは、か細い声だった。2004年、同名の自著の映画化「サラ、いつわりの祈り」の宣伝で来日し、取材したJ・T・リロイは、世間で喧伝(けんでん)されるカリスマ作家というより、警戒を解かない小動物のようだった。06年、そのJ・T・リロイは40代の女性ローラ・アルバートが作った架空の人物で、公の場に出て…

無断転載・複製を禁じます