1928年アムステルダム五輪で日本人女性初のメダリストになった人見絹枝の生涯を描いた漫画が先月出版された。監修した元埼玉陸上競技協会理事長でスポーツライターの小原敏彦さん(80)は「新型コロナウイルスで不安な日々が続くなか、偏見やプレッシャーの中で自分の夢に突き進んだ人見絹枝の生き方はきっと勇気を与えてくれるに違いない」と話している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます