服でも文具でも腕時計でも、真に「上質」なものが似合うには、手にする人の方にも、それなりの「質」が問われるのかもしれません。服部幸應さん(74)は、父の形見の腕時計が似合う「大人」になるまで、20年を要したと言います。豪快だった亡父の思い出と共に、しみじみ語ってくれました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます