第102回全国高校野球選手権大会と地方大会の中止が発表された20日、奈良県の関係者からも落胆の声があがった。1府県1代表(北海道と東京都は2代表)の49代表制となった第60回大会(1978年)以降、奈良大会が中止になるのは初めて。奈良大会は7月11日開幕、28日決勝の予定だった。県高野連は、独自大会の開催について「現時点では白紙」としている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます