政府が検討中の「9月入学」で、9月から小学1年生になる前に、4月に「ゼロ年生」として入学させる案が浮上していることがわかった。他の案では、数十万人規模の待機児童が生じるなどの指摘を受け、文部科学省が検討を始めた。小学校は6年半となり、義務教育の開始・修了が毎年5カ月遅くなることや、来春までに教員約4万7千人の確保が必要になるなど課題も多く、5年間の経過措置とする案も検討している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます