大雨時の避難の必要度を5段階で伝える「警戒レベル」導入から5月で1年。避難勧告と避難指示(緊急)が同じレベル4に区分され、昨年秋の台風被害では、自治体や住民から「分かりにくい」との声も相次いだ。適切なタイミングでの避難を促す情報提供の形とは――。自治体や国は制度の見直しを模索している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます