江戸時代、日本の囲碁文化は爆発的に開花し、世にあまたの名手を送り出した。史上最強棋士を論じるとき、いまなお名が挙がる彼らの棋譜からは、卓越した技量と熱い息づかいが伝わってくる。色あせない魅力を、クラシックファンの寺山怜(れい)六段(29)の案内で紹介する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます