西村康稔経済再生相は25日午後、衆院議院運営委員会で、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県で続く新型コロナウイルスの緊急事態宣言を解除する方針を報告した。西村氏は「感染の状況、医療提供体制、監視体制等を総合的に勘案し、緊急事態宣言を実施する必要がなくなったと認められる」とし、夕方の政府対策本部で「緊急事態の解除宣言を行いたい」と述べた。「今回の大きな流行は収束へと向かっている」とも語り、外出自粛や催し物の開催制限の要請を段階的に緩和する方針を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます