新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい環境に置かれているひとり親世帯向けに政府・与党が検討していた支援策が25日、固まった。低所得の家庭向けの児童扶養手当を受給している世帯に5万円の「臨時特別給付金」を支給し、子どもが1人増えるごとに3万円ずつ加算する。すでに児童扶養手当や公的年金を受給し、今回、収入が大きく減少したひとり親世帯には、さらに5万円を支給するといい、世帯によっては計10万円超を受け取ることになる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます