ロッテのドラフト1位右腕、佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)が26日、プロ入り後初めて、実戦形式のシート打撃練習に打撃投手として登板した。打者3人に本塁打を1本許したものの、最速160キロの球で2人を空振り三振に。「しっかり指にかかって良いボールが行った」と語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます