四つの市民襲撃事件で殺人罪などに問われた指定暴力団工藤会トップの総裁野村悟(73)とナンバー2の会長田上不美夫(64)の両被告の第37回公判が26日、福岡地裁であった。新型コロナウイルスの影響で約2カ月ぶりの開廷で、2013年の看護師刺傷事件の証人尋問が再開した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます