政府が27日に閣議決定した新型コロナウイルス対策の第2次補正予算案に、医療、介護、障害の現場で働く人たちへの慰労金が盛り込まれた。感染者らに直接対応すると20万円、そうでない場合も5万円が配られる。これら三つの業界で事前に決められた報酬以外に政府が現金給付するのは極めて異例だ。リスクを抱えながら働く人たちの声を置き去りにしたままでは立ちゆかなくなるとの危機感が、政府の「岩盤」を突き動かした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます