新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で品不足になったマスク。一時は中国で原材料価格がコロナ前の50倍程度まで高騰したが、いまはピーク時の3分の1程度まで下落している。緊急事態宣言が解除され外出が増えればマスクの需要も高まりそうだが、今後のマスクの価格や供給の見通しはどうなのか。現地で調達の陣頭指揮にあたる衛生用品メーカー・サラヤの稲津貴文・上海代表に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます