コロナ禍に負けまいと、在宅医療・介護職の有志が、立ち上がった。規模が小さく1事業所では確保が難しいマスクなど感染防御資材を、法人の枠を超え地域単位で確保していく。今後自宅や介護施設で暮らす高齢者らが新型コロナウイルスに感染した場合も、そこに資材を集中投下できるようにする仕組みだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます